生涯エンジニア ~早期退職者の戯言~

再就職のためのスキルと、 年金だけで幸せに生きていくためのスキルについて勉強中

Lenovo ThinkPad SL410 に FreeBSD 11.1-RELEASE をインストール

元々はWindows7が使えればいいやってことで、4万円前後で手に入れた PC です。Windowsの必要性がなくなったのと、もう面倒見きれない*1ってことで、 FreeBSD をインストールしました。

電源繋ぎっぱなし、有線LANを使用しているので、バッテリ管理とwifiは未設定。

ThinkPad SL410の仕様

  • CPU:Celeron Dual-Core T3500 2.1GHz
  • MEMORY:4GB
  • HDD:320GB
  • LCD:14inch(1366x768)
  • VIDEO:Intel GM45

インストー

ハンドブックを見ながら作業。ディスク領域の割当で、ZFS(AUTO)を選択すると、"gptzfsboot error" で起動できないことがあったので、UFS(AUTO)を選択。

www.freebsd.org

システムのアップデート

今回はfetchの段階で "No updates" だったのでinstallは不要でした。

# freebsd-update fetch

# freebsd-update install

 パッケージのインストールと設定

# pkg

# pkg install sudo

# pkg install xorg

# pkg install xf86-video-intel

# pkg install ja-font-std

# pkg install xfce

# pkg install firefox

  • 1行目はpkgシステムを使用する準備。インストール後に一回だけ必要
  • sudoインストール後、visudoで、%wheelのコメントを外す
  • intelドライバを入れないと Xを1366x768にできない
  • /etc/rc.donfに以下を追加しないと、xfce4が起動しない

dbus_enable="YES"

  • startxでxfce4を起動する方法はハンドブック参照
  • 日本語入力は... まだ入れていないのであとで更新します

サスペンド/レジュームの設定

何も設定しないと、サスペンドしません。/etc/sysctl に以下を追加すると xfrec4のメニュー、zzz コマンド実行、Fn+F4キー、LCDを閉じる、という操作でサスペンドできます。

hw.pci.do_power_suspend=0

hw.acpi.lid_switch_state=S3

 レジュームは、XだとOK。コンソールだと画面がブラックアウトしたまま。その状態でもシステムは起動していて、キーボードも生きているので、shutdown、rebootは可能。

 

 

 

*1:ケチって32bit版を選んだためか、使用開始数ヶ月で動作が激重に。数ヶ月毎にクリーンインストール作業を繰り返していました